焼津市近辺認知症介護家族会です。それぞれの介護の形がありますが悩みは共通?!ひまわりの会に参加して話をしてみませんか?

認知症介護家族☆ひまわりの会 ウェルシップ焼津でお待ちしています!
   
ひまわりの会について
ひまわり通信
HOME
ひまわりブログ
 

ひまわりの会への
  お問合せはこちらへ
  E-MAIL

 
 
ひまわり介護川柳 ・・・その3介護川柳TOPへ

ひまわりの会の会員が詠んだ川柳のコーナーです。

毎日々、先の見えない介護の日常は、怒ったり、驚いたり、困ったりすることだらけ。落ち込む事もストレスもいっぱい。でも川柳に残して後から読み返してみれば、懐かしく笑顔になれるかもしれない。それぞれの思いが込められた川柳です。
 
皮肉にも 入所してから 笑顔増え

18.皮肉にも・・・

毎日が戦争。そして、ついには冷戦の日々・・。疲れ果てて、気が付けば会話も笑顔もなくなっていた。自分を責めながらも、そんな介護しか出来なくなっていた。
ところが、施設に入所したとたん、今まで着ていた「ココロのよろい」が脱げた。会いたくなり、話したくなり、笑わせたくなった。
(40代女性)
 

19.しないでね・・・

真夏でも窓を絶対に開けない。温室状態の室内に熱中症予防のためになんとか窓を開け、外気を送り込もうとするも、次の窓を開ける頃にはもうすでに最初の窓は閉められている・・・。
「お外の空気入れたいから、閉めないでね。」振り向けばそこには、さっそく窓閉めをしている姿が・・。

(40代女性)

 

   

20.壊したの・・・ 

あれほど機械に詳しかったのに、認知症が進行し、今まで通りにはいかなくなって来た。でも、機械に対する興味は昔のままだから、あれこれ修理しようとして、結局壊してしまい、あげくの果てには「誰が壊した?」と、怒ってしまう始末。
(40代女性)

 

21.今日こそは!・・・

妻と手をつなぎ散歩に出掛ける。近所の庭の梅の花が咲いているのを
見つけて、桜の花だと言う。そうだな、きれいだな…。
梅でも桜でもいい。花がきれいだという心が残っていて嬉しかった。
(60代男性)
 

     
22.お金より・・・

人間誰しもこだわりはある。
特に認知症になると、そのこだわりが極端になるとよく言われる。お金でも宝石でもなく、なぜかちりがみ。洋服のポケットにもたんすや引き出しにも・・・、ありとあらゆる所がちりがみだらけ。でも、きっと本人には何か訳があるのだろう。
(40代女性) 

23.はっちゃん・・・

深夜、徘徊で家を出て行ってしまった。あわてて追いかけて「お義母さん!」と何度も呼ぶも、どんどん行ってしまう。
咄嗟に子供の頃からの愛称で呼びかけたら、ぱっと振り返った。姑は子供頃に戻ってしまっていた。記憶はその人の歴史、忘れてしまう悲しさと怖さを感じた瞬間だった。
(30代女性)

     

24.うそみたい・・・ 

施設に入ってから、どんどん衰えて行くのがかわいそうで、自分を 責めていた。そんな日々が何ヶ月か続いたある日。訪問したら まるで別人のように、穏やかに笑っていた。
大好きな歌も歌ってくれた。 帰り道、うれしくてたまらなかった。

(40代女性)
 

25.内釜を・・・

食料があまりない時代に育ったせいか、主婦としての家事習慣が抜けないせいか、妻は 常に米を炊いていないと気が済まなくなってしまった。二人暮らしだから、いつもごはんが残ってしまい閉口していた。
しかしある日、炊飯器の内釜をコンロの上に乗せ、火にかけていた…。それを見て、胸がとても切なくなった。
(60代男性)

 

     
節約だ! 言ってる本人 無駄遣い 
26.節約だ・・・

さすが昭和ヒトケタ生まれ、家族のやる事なす事には、「もったいない。」の連発。
しかし、自分はガスコンロ付けっ放し、電気付けっ放し・・・。挙句の果ては、高額商品契約。
あなたにだけは言われたくないです。
(40代女性)
 

27.任せとけ・・・

子供を連れて、一大決心をして認知紹介後のために引っ越した。まだ小学生の孫達がそばに来てくれた事で、自分が孫の世話をしなければ!と責任感が生まれ、イキイキしてきた。ただし、本人は気付いていないが、お世話をしているのは孫の方だった。
(40代女性)
 

 
 

さあ、あなたも 介護の日常を 五、七、五に託してみませんか!
(
介護川柳随時受付中)

<<川柳2へ

川柳4へ>>

ひまわりの会についてひまわり通信介護川柳HOME
 
Copyright (C) 2010 Himawari no kai Corporation. All Rights Reserved.